▼ キーワード検索 

    
【知っ得情報】
・楽譜の読み方
・早く上達するコツ
・上手に聴こえるポイント
・保育士テクニック
・コードと度数
・検索のヒント
・ピアノを好きにさせるには
・リズムピアノはなぜ安い?
・自分のレベルが知れる無料楽譜
・ピアノの選び方
・ピアノの始め方
・音楽講師から好まれる行為と嫌がられる行為

【投稿フォーム】
・リクエスト
・発表会資金援助
・楽譜浄書(清書)・移調

【YouTube】
・公開全パート音源
・リズムピアノBGM

【解説動画・解説ページ】
・よかとが教える楽譜の買い方
・1分で分かるリズムピアノ
・リズム音源を使って演奏
・音楽カードの作り方
・がくデコ(楽譜デコレーション)

【情報配信】
・ツイッター

【その他】
・待受画像
・全国の生徒さんに支援金を贈る
・楽譜販売・イラスト販売したい方
・よかとちゃんねる(リンク)



Jasrac許諾マーク JASRAC許諾
第9022675001Y37019号
第9022675002Y30005号

NexTone許諾マーク NexTone許諾
ID000005693
ID000005695


 ▼ ピアノを好きにさせるには



これは運営者の経験談です。
私は子供の頃に一度ピアノを挫折しました。
6年ほど習っていましたが、一人の練習がつまらなくて、練習時間は遊びにも行けなくて、とにかく大嫌いでした。
そしてピアノを辞めてから数年間、全くピアノには触れませんでした。

そんなある日、好きだったジブリの映画を見た後に「この曲ピアノで弾けないかな?」と思い、思い付きでふと簡単な楽譜を買って弾いてみると、過去の基礎が身に付いていたのか思いのほか弾けたのです。
それから好きな曲をどんどん弾けるようになると、ピアノが楽しくなりました。

そういえば、習っていた頃は練習曲ばかりで自分の好きな曲が弾けなかった。
そして、最後まで弾けたら次の曲という流れだったので、弾けるようになった曲を「演奏して楽しむ」という時間がなかったことに気付きました。

今では弾けるようになった曲を何度も弾いて、さらに美しく弾けるように強弱や奏法を工夫しながら楽しんでいます。
リズム音源を使ってリズムに合わせて演奏するのもとても楽しいです。

好きな曲を弾けるようになると楽しいですが、その楽しい時間が少ないと残るのはつらい練習時間だけになり、練習が嫌いになってしまいます。

基礎を身に付けるために練習曲も大事ですが、それと併用して好きな曲も弾かせてあげると本人の意欲が増すことがあります。
そして本人が演奏を楽しめるようになると途端に上達します。
人によって向き不向きはあるでしょうが、この経験談が何かのお役に立てれば幸いです。

リズムピアノはこうした運営者の経験から、もっと多くの方に音楽の楽しみを知って欲しいという思いで創業しました。
途中で音楽をやめてしまう方が多い現代で、演奏者や講師の方々にとって「あったらいいな」を実現するサイトにしたいと思っています。

全てに答えられるわけではありませんが、楽曲はもちろん、作って欲しい商品やサービスなどなんでもリクエストしてみて下さい。